ランティア伝説・全巻リスト

※このページは物語の進みに合わせてどんどん書き足していきます

第一部~東ランティア篇

第一部・第一章「女神の娘」

女神の国の白き王宮が反逆者の手で穢され、王の命が奪われたとき、秘密の王女フロレンスに王国の命運と聖なる予言が託される。
そして、光の大陸ランティアは1000年の長き眠りから目覚め、運命の輪が音を立てて回り始める。
壮大な叙事詩のスタートです!

▶▶▶ ご購読はこちらから

第一部・第二章「闇の魔女」

シュバッツ公ダンカンは、王国の命運をその背に担い、陥落寸前の王宮から辛うじて脱出を果たす。
ただ一人逃亡の旅へと赴く彼の窮地を救ったのは、謎めいた力を操る女従者サーシア。
追っ手を逃れて山岳地帯へと踏み込んだ二人の前に、魔の山コザンが立ちはだかる。
そこで彼らを待ち受けていたものは・・・

▶▶▶ ご購読はこちらから

第一部・第三章「黒鷲の盗賊」

魔の山を越えて南のハラインへと向うダンカンとサーシア。しかし巨人の岩山に巣食っていたのは、獰猛な灰色狼だけではなかった。
数奇な出会いと運命の糸が絡み合い、隠されていたサーシアの過去が蘇る。
男たちの野望と欲望の渦に巻き込まれて、傷つき苦しむサーシアを、ダンカンは守り切れるのか。
そして二人は無事にハラインへと逃げ切れるのか。

▶▶▶ ご購読はこちらから

第一部・第四章「二つの剣」

シュバッツ公ダンカンの屋敷に居候していた風来坊アルドレーンは、戦乱の王都シュバッツを遠く離れて、人も通わぬ古街道をたどっていた。
未来を知るという予言の娘を探し求める旅だった。
その途上で雪に降り込められて病に倒れる。
高熱からようやく目覚めたアルドレーンは、思いもしなかった嵐の渦中に巻き込まれてしまったことを知るのだが・・・

▶▶▶ ご購読はこちらから

第一部・第五章「豊穣の女神」

王都シュバッツに残された囚われの王子ルーシスは、不自由な身でただ一人、黒魔の手先ベイダンに立ち向かう。
しかし、女神の王国エルヴァーンに災厄をもたらしているのはベイダンだけではなかった。闇の力を操る真の敵が白亜宮の地下に潜んでいた。
水面下に身をひそめながらも王都奪回を目指して画策するシュバッツ公ダンカンと諸侯たち。
敵の手の中で孤軍奮闘する王子ルーシス。
しかし彼らの想いをあざ笑うかのように、黒魔の手は女神の王国エルヴァーンをさらなる闇の中へと引きずり込もうとしていた。

▶▶▶ ご購読はこちらから

第一部・第六章「銀の仮面」

エルヴァーンの王冠がついに敵の手に落ち、暗い予兆が王国を覆う。
闇の力を操るライラの魔手が囚われの王子ルーシスに伸びる。ルーシスは強靭な意志の力で王国の秘事を守り抜くものの病んだ身体にさらなる深手を負う。
そして、死んだと思われていたルークの兄シルバランは妖しい魔力によって命を支配されていた。黒魔の手先と化した彼に、魔女ライラが王妃母娘を見つけ出せと命じる

▶▶▶ ご購読はこちらから

第一部・第七章「暁の塔」

塔にただ一人幽閉されたルーシスは孤独な戦いの末に病み衰えていた。ドライトンの手筈で侍女として送り込まれたサーシアは、癒しの術を尽くして王子を救おうとする。
一方、敵襲を逃れたフロルら三人は、千年を生きる神々の番人ウパのお告げを受けるべく、霊峰アグラットを目指す。古代の街道跡を辿って深い山中を進んで行ったその先で、突如現れた金の眼を持つ巨人族に捕えられてしまうのだが・・・

▶▶▶ ご購読はこちらから

第二部~西ランティア篇

第二部・第一章「マーダの紅き星」

女神マーダの名を冠する西ランティアの宗主国アラメーダで世継ぎの王女マーディラが「マーダの星」と呼ばれる稀有の宝玉を手に生まれた。女神の使いとして人々に崇められ、長く病床にある父王に代わり国を束ねる象徴として重責を担う。
公子フレディオだけが若き王女の理解者であり心の支えだった。そのフレディオの婚約者カナ姫が旅の途上で拉致されてしまう。
一方アグラットから西へと下ったフロルら三人は、森で出会った青年騎士スタールの助力を得て女神の国アラメーダの都ハルーラへと向かっていた。

▶▶▶ ご購読はこちらから

第二部・第二章「略奪の花嫁」

水の塔に監禁されたカナ姫を助け出そうと、フロルたちは下働きに紛れて城砦に入り込む。
しかしフロルが領主に目をつけられてしまい、それを庇ったアルドレーンと共に塔の地下牢に放り込まれる。
一人途方にくれるルークに救いの手を差し伸べたのがスタールの従者ヴィトだった。
彼はフロルら3人を密かに見守り手助けするよう、スタールから命じられていた。

▶▶▶ ご購読はこちらから

第二部・第三章「紅輝宮の陰謀」

アラメーダでは国王メンディスの病が重くなり、王宮内に不穏な空気が渦巻く。
サリナ大公とクルト公の対立が激化する宮廷にあって、秘宝マーダの星を持つ若き王女マーディラの存在が辛うじて国を支えていた。
一方、砂漠の民ショナ族が暮らすカララの地に智恵の老母マリンケを訪ねたスタールは、その途上で瀕死の若者を助ける。
彼はショナを二分する鷹族の若き太子だった。

▶▶▶ ご購読はこちらから

第二部・第四章「炎の戦士」

デグル侯によるガラナバ王女の拉致をめぐり、アラメーダ宮廷では王妃派と大公派が対立を深めていた。
大公サリナは切り札としてヴェヌーの使者フロルを会議の場に招き入れる。
マーダの秘宝を持つ王女マーディラはフロルの中に神意を感じ取り、女神の意に従う決断を下す。
戦の準備が進む中、フロルがふと口にした古歌がスタールの記憶を呼び覚まし、思いがけない運命の糸が明らかに……

▶▶▶ ご購読はこちらから

第二部・第五章「砂漠の秘宝」

グラーデンを制した討伐軍は黒魔の手先であるボーランタンを打つべくトゥールへと向かう。
スタールとダイロスはショナ族の元を訪れ、光の戦士族として共に剣を取るよう求める。
覚醒したマリンケの力によってショナ族は本来の使命を取り戻す。
討伐軍はノルディンの力を得て一気にトゥールを攻め落とす。
しかしクルトと裏で手を回していたボーランタンの奸計によってフロルが奪い去られる。

▶▶▶ ご購読はこちらから

次巻は・・・

第二部・第六章「光の扉」

メンディス王はスタール誕生の経緯をマーディラに打ち明ける。
封印されていたマーディラの記憶が蘇り、王妃ゼルダの罪が明るみになる。
マーダの使者として王都に凱旋したスタールは、父王の前で母の仇クルト公との決闘に挑む。
都ハルーラに平安が戻った時、ユーノ神殿の塔に不思議な光が現れる。
封印されていた塔の扉を開くフロルとスタール。そこは光に満たされたこの世ならぬ場所だった。

★2022年5月刊行予定

現在発売中のすべての巻です
主な登場人物とランティア12神について
東西ランティアの地図と地名について
作者があなたの質問にお答えします!

★こんなことが知りたい!というリクエスト歓迎です

ご感想・ご意見・質問・お問い合わせ
公式lineにお気軽にどうぞ!

[ ランティア伝説公式lineアカウント ]
line友達登録はこちらから
https://lin.ee/t9G0xWw
lineID:@657abdrz

💛皆様の声をお待ちしております(シオン)

Posted by むつら星