ランティアの歩き方ガイド

東ランティアの地図

地図・東ランティア

シュバッツ エルヴァーン王国の都 王宮<白亜宮>とリーン湖がある
オーベル ハライン公国の都
シノン  オーベル川河口にある港町
ザクソス シレニア侯領 ザクソス伯統治 ランティア随一の港
マーゼル マルマラ侯領 マーゼル伯統治 ヴェヌー河とシュバッツ街道の要衝の町
マルマラ湿原 シレニア海に面した低湿地帯 最上級の葡萄酒が作られる
バルナ ベル侯領 ヴェヌー河口の港町 勇猛な剣士を輩出することで知られる
トランシー森 妖魔が棲むとも言われる伝説の地
古都ラー 〈北の地〉にあるという古代の聖都
ヴェヌー河 霊峰アグラットに端を発する大河 リーン湖を通りバルナ港まで東ランティアの中央を流れる
コザン山地 中央高原と南のハラインの間を隔てる山地帯
聖山アグラット 大神ユーノが剣を突き立てた霊峰 ランティア大陸を東西に分断する中央大山脈の主峰

西ランティアの地図

ハルーラ アラメーダ王国の都、王宮〈紅輝宮〉がある
リオン ガラナバ王国の都、天然の良港を持つ
コモ島 リオン湾の沖にある島、海軍基地
カナレス ガラナバとデグル領の国境の町
グラーデン 西ランティア中央のデグル盆地にあってぐるりを水路で囲まれた城塞都市
トゥール トゥーランの都
カララ トゥーランの領土に広がる広漠とした砂漠地帯
聖地タムセルク カララ砂漠の奥にあるシャハ族の聖地
ノルド 霧に覆われた伝説の地
ノルディア ノルドにある湖
エトルナの門 南の海に連なる岩礁にある一対の巨岩

エルヴァーン王国の成り立ち

聖王アトラム ユーノの怒りの時に女神ヴェヌーによって選ばれ、東ランティアにエルヴァーン王国を建てた

七聖家 女神の降臨を拝し、聖王アトラムとともに国の礎となった<聖なる七人>の家系、王族である二公家と五侯家から成る。王と七聖家による最高会議は、白亜宮ヴェヌーの間にある巨大な白亜の円卓を囲んで行われる

二公家 シュバッツ公、ハライン公
五侯家 トランシー侯、シレニア侯、マルマラ侯、ベル侯、モルス神聖侯(神官の長)

現在発売中のすべての巻です
主な登場人物とランティア12神について
東西ランティアの地図と地名について
作者があなたの質問にお答えします!

★こんなことが知りたい!というリクエスト歓迎です

ご感想・ご意見・質問・お問い合わせ
公式lineにお気軽にどうぞ!

[ ランティア伝説公式lineアカウント ]
line友達登録はこちらから
https://lin.ee/t9G0xWw
lineID:@657abdrz

💛皆様の声をお待ちしております(シオン)

Posted by むつら星